男性ホルモンを学べ!

男性ホルモンを学べ!

MENU

テストステロンでパフォーマンスアップ その1

男性ホルモンであるテストステロンは筋力と筋肉を増強させる作用があり、パフォーマンスの向上に欠かせません。
スポーツで精神的に必要な攻撃心や闘争心を駆り立てる効果もあります。

 

1番有名な効能は男女の精力を強くする作用です。
男性の場合、睾丸と微量ながら副腎皮質からも分泌されます。
肝臓でもアンドロステネディオンとDHEAの2種類の男性ホルモンが作られます。

 

テストステロンは成長ホルモンを刺激してたんぱく質の合成を助けます。
その一方、筋肉を分解して減少させるコーティゾルというホルモンの働きを抑えます。

 

神経の伝達スピードも早めます。
中学ぐらいまでは男女の運動能力の差はあまりありませんが、高校生になると大きく開いて来ます。
男性の体内でテストステロンの分泌が活発になるからで、テストステロンが運動能力に強い影響力を持っているのが分かります。

 

一般的に男性のテストステロンのレベルがピークになるのは18歳から30歳の間です。
女性のテストステロンレベルは男性より遥かに下ですが、重要な働きはしています。

 

テストステロンの分泌はトレーニングや食生活に強く影響されます。
オーバートレーニング、低カロリー食、低たんぱく食、菜食主義、ストレスは危険です。
テストステロンの分泌を低下させて逆にコーティゾルの分泌を促すので、トレーニングが伸び悩んだりパフォーマンス力が下がります。
テストステロンの正常分泌を維持しつつ、コーティゾルの分泌を抑える事が必要です。

テストステロンでパフォーマンスアップ その2

男性ホルモンは男女の性的能力に大きな影響を与え、分泌が低下すると性欲が下がります。
男性は不能になったり、精子の生産量が減ったりします。
女性は女性ホルモンと男性ホルモンの比率が狂ったり、女性ホルモンを含む避妊薬を摂取している時に起こりがちです。

 

男女とも男性ホルモンパッチを貼ったり、DHEAを摂取する事で解決に向かいます。
しかし、女性に男性ホルモンを投与する事を否定する人もたくさん居ます。
動脈血栓や心臓病を引き起こす危険があるからです。

 

男性の場合、一般的に男性ホルモンの分泌は30歳を過ぎると下降します。
筋肉が落ち始め、うつ病気味になり、セックスに対する興味をなくす男性更年期障害へと向かいます。
しかし、男性に更年期障害は無いと否定する専門医もたくさん居ます。
ほとんどの男性は、年をとっても男性ホルモンの分泌レベルが正常範囲内に留まるからです。

 

心臓病になる原因は高血圧、コレステロール、喫煙、肥満、運動不足、糖尿病などです。
これらが動脈の中に脂肪を付着させ、やがて血栓になって発作を引き起こします。

 

男性ホルモンは男性が心臓病になるのを防ぐ効果がある一方、女性が心臓病になる確率を高めます。
しかし、男性の場合も人為的に大量摂取すると逆に心臓病を呼ぶ危険があります。
女性が更年期障害前に心臓病になる確率は男性に比べて遥かに低いので、更年期障害後に男性ホルモン剤の摂取に気をつけた方がいいです。

健康関連リンク集め

リプロスキンの効果はニキビ跡の美白ケアにも良いって本当なのでしょうか!?

 

しじみにんにく極の効果を体験レビュー!お酒が好きな人におすすめのにんにくサプリです。

 

効果無し!?ピーチローズの口コミたいけん記。美尻革命としてスキンケア大学にも取り上げられた薬用ピーチローズの口コミやお尻の ニキビや黒ずみへの効果が評判通りなのか実際に使用して体験してみました。

 

シミ、そばかすへの効果ならハイチオールC!二日酔いにも効く?とCMでも評判のハイチオールCホワイティア。当サイト体験者の評価を公開しています。

 

 

更新履歴